ページトップへ
トップ  > いわおかめめ先生インタビュー

れんさい10周年!「エリートジャック!!」の誕生秘話にせまる!!

エリートだけが集う超名門高校、オメガ高校。そんなオメガ高校の生徒会長、天才少女・相川ユリアが巻き起こす学校革命!!超人気ハッピースクールコメディ「エリートジャック!!」の誕生秘話やこれからについて、たっぷり教えてもらったよ♪

れんさい10周年おめでとうございます。長い人気を誇る本作ですが、お話のきっかけはすでに先生が高校時代に考えていたというのは本当ですか?

当時、増刊のちゃおデラックスの読みきりでは好きなものを書いていいという雰囲気があったんです。それなら学生時代考えていたキャラクターをそのまま使ってみようとチャレンジしたのがエリートジャックのユリアちゃんです。最初は勉強中心のお話ではなくて、シュリくんとイチャイチャするのがメインのお話でした。勉強中心のガリ勉の学校に通っているというだけで、ユリアちゃんが特に天才だという設定ではなかったんです。そこからお話を描くにつれ、この子、頭がいいよね!ということに気づいて今の“天才”という設定ができあがりました。

先生が学生時代に考えていたユリアちゃんはどんな子だったのですか?

かわいいと思うものを全部詰め込んだのがユリアちゃんなんですよ。今のユリアちゃんとまったく同じではないのですが、当時テストの答案用紙とか、チラシの裏に書きなぐっていたような絵がユリアちゃんの原型になっているんです。今見たら黒歴史感が出てます(笑)

「エリートジャック!!」

▲いわおか先生の“かわいい”が全部詰まったユリアちゃん♥

ユリアちゃんと先生の共通点はありますか?

私自身、学生時代に生徒会を経験しているんですよ。生徒会をやりながら部活もやったりして、すごく活動的でした。ユリアちゃんと似ているかといわれると、そのへんは微妙ですけど(笑) でも高校時代は勉強をすごく頑張りました! 留年して親に迷惑をかけたらいやだと思って、ひたすら頑張って。そうすると勉強って頑張った分だけ結果を残してくれるので、そこが楽しいなと思って、少しずつ自発的に勉強するようになりました。

「エリートジャック!!」は毎話“偉人の名言”を紹介するのもこの作品ならではの魅力ですが、きっかけは何だったのでしょうか?

「エリートジャック!!」を描く5年くらい前から名言を使った作品が描きたいと思っていました。もともと世界の名言を集めた本を持っていて、いつか活かせないかと思っていたタイミングで「エリートジャック!!」の掲載が決まったんです。この作品なら名言を使ってもいいなと思い、使わせてもらました。頭のいい学校に通うかわいい主人公の女の子が名言を用いて困難を解決するという、描きたいことを詰め込んだ作品にすることができました!

先生の好きな名言は登場していますか?

コミックス1巻の第3話に出ている「自信は成功の第一の秘訣である。」(R・W・エマーソン)がお気に入りです。まんがを描くときも自信があるときと、これでいいのかな?と迷っているときで全然面白さが違う…。それが読者さんに直球で伝わってしまうんです。

「エリートジャック!!」

▲いわおか先生お気に入りの名言。
エリートジャック!!には毎話勇気をもらえる
偉人の言葉が掲載されているよ!

いわおか先生が自信をつけるときの秘訣を教えてください!

自分の言葉、心の声を聞いてみることです。私もそうですが、自信がない人ってまわりのことを気にしすぎだと思うんです。なんでも周囲の声を聞こうとしてうまくいかなくなる。だからまわりではなく、自分自身が今どうしたいのかを考えてみることが自信がつく方法ではないかと思います。

お気に入りのキャラクター・授業について・恋愛についてお話を聞いたよ!

いわおか先生のイチ推しキャラを教えてください。

お気に入りは副生徒会長の野口くんです。コミックス2巻で野口くんが風邪をひくお話は特に気に入っています。ギャグテイストの回だったんですけど、病気になりながらも必死に勉強をしている野口くんを描いてます。ただの嫌なヤツというわけではなく、しっかり勉強している中でユリアちゃんといがみあっているという彼の信念が見れるかなと思います。ユリアちゃんが天才なので、彼女と対等にいられる存在というキャラで、努力と信念を貫く野口くんができあがりました。

「エリートジャック!!」

▲風邪をひいて病院よりもとにかく勉強!
野口くんの信念と彼を心配するユリアちゃんの
やさしさが見られるほっこり回!

作中、タブレットを使った授業が印象的でした。今でこそ当たり前ですが10年前はまだ少なかったように思います。いわおか先生の中で構想はあったのでしょうか?

今のオンライン授業のようなものは考えていなかったんですけど、生徒たちが国際的な交流とか、オンラインでお話ししあったりするとか、今までだったら紙とか音声とかでやりとりしていたことがデジタルで進んでいくんではないかな…という構想をもっていました。

「エリートジャック!!」

▲れんさい当初から積極的に最新機材や授業を導入!

先生が学生時代にこんな授業があったらいいのにと思ったものはありますか?

学生時代にまんがの授業があったらいいなと思いました! 歴史の授業で偉人の名前とか出身地とか覚えるみたいに、まんがのキャラクターだって覚えてテストにしてもいいんじゃないかなって思ってました!恋愛のテクニックとか、まんがから学べる知識を教えてもらって、テストで書いてもいいんじゃないかと(笑)
まんがのキャラクターにあこがれて部活を始めたりする人もいるので、偉人と並んで教科書に出てもいいんじゃないかなぁと思ったりしますね(笑)

勉強だけでない「エリートジャック!!」の恋愛の魅力。ユリアちゃんとシュリくんが理想のカップルという声もあります。

2人の恋愛については、私が高校時代から考えていたものです。そのときのシュリくんは今とは全然違うキャラクターだったんですよ(笑)。最初は気が強い男の子の設定でした。でもユリアちゃんが行動的な女の子なので、同じ性格の男の子にするとユリアちゃんが目立たなくなる。だから冷静で見守ってくれる性格にしました。お互いが分かち合っていてリスペクトしているところが好きですね!

2人の恋愛を描くうえで先生が決めていることはありますか?

ライバルの女の子は登場させないことです。三角関係的な流れは、ユリアちゃんが泣いちゃうので…。そこから面白い話になることもあると思うんですけどユリアちゃんには笑っていてほしいんです。

「エリートジャック!!」
「エリートジャック!!」

▲普段はサポート役が多いシュリくんだけど
いざというときはユリアちゃんをリードしてくれる
理想の彼氏♪

作品作りで楽しこと、つらいことを教えてください。

楽しいのは動いているシーンを描くことです。コミックス1巻の1話でユリアちゃんが全国一頭がいい女の子だと紹介されるシーンがお気に入りで、良い動きが描けたと思っています。
逆に大変なのはテーマが決まったあとに勉強しないといけないことです。たとえば美容の話を描くと決める。するといったんまんがを描く手を止めて美容について勉強したり検索したりする。ひと通り理解してからお話づくりに入るので、勉強してできたストーリーを担当さんに渡してボツになるとまた一から勉強をしないといけないというつらさがあります。完全に受験生のような感覚です(笑)。

▲天才少女としてみんなの前に堂々と登場したユリアちゃん!
自信にあふれた表情が印象的!

「エリートジャック!!」れんさい10年の変化と、これからについてお話を聞いたよ!

10年という時間の経過の中で先生ご自身が変化したことはありますか?

原稿がアナログからデジタルに変わったことが大きな変化ですね。すべてではないですが、ペン入れまでがアナログで、仕上げと編集部に送る作業がデジタル。もう4年くらいだと思います。最初はデジタルが全然だめで、アシスタントさんに教えてもらい、悲鳴をあげながら覚えていきました!

コミックスだとどのあたりからデジタルに変えられたのでしょうか?

7巻の裏表紙からデジタルに挑戦しはじめて、完全にデジタルにしたのが9巻からです。カバーの色を塗れるようになるまで4年間くらい勉強しました。はじめの3年くらいはべタッとした印象になって、カバーには使えないというような塗り方でした…。慣れてくるとアレンジがきかせられるところがデジタルの良いところだと思います!

▲上手に色を塗るのに4年かかったという
カバーイラスト!黄緑の髪のグラデーションもきれい!

まんがの中での10年の変化は感じますか?

もともとコミックス1巻の際はユリアちゃんたちってガラケーだったんです。それも時代とともにスマホに代わっています。今もガラケーだと逆にレアな女の子になってしまうので。そういった部分は臨機応変に変えています。それから、まだちょっと保留にしているんですけど、読者さんたちもやっているオンライン授業をとりいれることを検討中です。国語とか英語とかだいたいひと通りやってきたので何か別のジャンルの学習も取り入れたほうがいいんじゃないかと思って今は描いています。

「エリートジャック!!」
「エリートジャック!!」
「エリートジャック!!」

▲教室に留まることなく、世界中全てが学びの場!

時代の世相や流行も敏感にキャッチしていかなければいけませんね。

この10年間で黄緑色の髪型の人が多くなって、ユリアちゃんきた!!とすごく喜んでいます(笑) 最初はユリアちゃんの髪が浮いていて、黄緑!?と読者さんたちからもびっくりされたんです。だけど今は黄緑色の髪だって普通になってきている。そんなことにウキウキしています。「エリートジャック!!」を通してこの髪型オシャレじゃん!とかこの服装オシャレじゃん!と思ってくれる人が増えると本当にうれしいです!

先生にとって「エリートジャック!!」とはどのような作品ですか?

描きがいのあるまんがです。読者さんの心に残せるまんがを描きたいと思ってこの世界にきたんですけど「エリートジャック!!」を読んで「名言が励みになりました」とか「ユリアちゃんと同じ生徒会に入りました」とか「生徒会に入って名言を言いました」とか、すごい読者さんで「シュリくんと同じく弁護士を目指しました」とか! 読者さんの道しるべになる作品を描けたということで、私も作者冥利につきるというか…。うれしくて描きがいのあるまんがだなと思っています!

読者さんにメッセージをお願いします。

初めて読んでくれた読者さんも10年前から読んでくださっている読者さんも本当にありがとうございます! 私の中にはユリアちゃんがずっといて、別のれんさいを書いているときでもユリアちゃんがスタンバイしています。私の頭の中で台本を読んでいて、「私、いつでもいけるよ!」って待っているんです(笑)。今後もユリアちゃんが活躍できるようにがんばっていきますのでよろしくお願いします。

新作についてのPRを!

「ちゃおコミ」に掲載される新作「エリートジャック!!」はちょっとだけ恋愛色が強めなお話を描いてみました! またユリアちゃんが暴れていますので楽しんでいただけたらうれしいです!
ちゃおデラックスでれんさいされている「おかえりハニー」は「エリートジャック!!」とは世界観が違うお話です。家族のように生活する仲間たちの物語です。みんなの心に何か響いてくれたらうれしいなと思います。主人公の恋春ちゃんも明るくてかわいくてユリアちゃんみたいに読んでくれる人に元気ををくれる女の子だと思いますのでぜひ読んでほしいです!

「おかえりハ二―」
誕生日●9月17日 星座●おとめ座 血液型●O型
趣味●音楽鑑賞。プラネタリウムをみること。らくがきをかくこと
おもな作品●
オレのお嬢に手を出すな! TOKYO★魔女ハウス エリートジャック!!
一緒にちゅう♥しよう ダイアモンド・ステップ おかえりハニー